アフィリエイト向けセールスページ作成/Design104

3秒でそのページの運命が決まる

アフィリエイターは見ています

インフォプレナーにとって、アフィリエイターは良いパートナーです。
アフィリエイターは常に売れる商材を探しています。
ASPの管理画面で、購入率やEPCをチェックしています。

多額の宣伝費をかけて宣伝しても、アフィリエイターがアフィリエイトしようと思わない限り、あなたの商材は売れません。

こんなページはアフィリエイトしたくない

  • セールスページのデザインが崩れている
  • ページのデザインが古臭い
  • アクセシビリティが悪い
  • 文字が小さくて読みにくい
  • 素人臭い垢抜けないデザイン

こんなページの商材はアフィリエイトしたくない。
これがアフィリエイターの本音です。

もちろん、商材の内容にもよりますが、ターゲットのエンドユーザーが一般の場合、特にデザインを気にする傾向があります。

価格に見合ったデザイン

商材のセールスレターは商品に置き換えるとパッケージと同じ役割があります。
デザインの悪い商品は、いくら性能が良くても買わないのがエンドユーザーの心理です。

たった3秒で読むか読まないかが決まる

クリックしてたった3秒。パッと目に入ったデザインを見て「読む」「読まない」が判断されてしまうことをご存知ですか?
読んでもらうことができないページは「存在しない」のと同じです。

外注のメリット

時間の節約

HTML作成用のツールを使い、画像を探し、慣れないソフトで加工をする。
この作業をするのにいったいどのくらいの時間が必要なのでしょうか?

慣れない作業をする時間を節約することで、顧客へのサービスを増やすことができます。

サービスの時間を増やすことは、あなたの売上げをあげることになります。
外注への依頼は、時間の無駄を省き、時間を有効活用することにもなります。

これまで外注に出していて「失敗した」という方も多いと思います。
その多くは
「思ったとおりにできなかった」 「見積りより多い金額を請求された」 ではないでしょうか?

予算内で希望通り作成してもらうための発注方法を紹介しますので、参考にしてください。

上手な外注への発注方法

外注業者の選び方

アフィリエイトに対する知識のある業者やデザイナーを選ぶ

Webデザイナーにもいろいろなタイプがいます。

それぞれ得意な分野もあります。

セールスレターには通常のサイトとは大きく異なる点があります。

それは「1ページのみの構成」という点です。


アフィリエイト用のレターの意味を理解していないデザイナーの場合、説明に時間がかかりますので、知識のあるデザイナーまたは柔軟な対応のできるデザイナーを選ぶことが重要です。

予算を伝える

予算は初めから伝えてください。

相手に「どの位かかるのか?」と聞くのではなく「この金額ならどの位のものが作れるのか」と聞くことが大切です。

変更の範囲を決める

制作途中でのチェックは必ず行ってください。

また、依頼の前にどの程度まで修正に対応してもらえるのかも確認が必要です。

途中のチェックを怠らない

製作途中、何度かチェックをするようにしてください。

またその都度修正点は伝えるようにしましょう。

契約書は必要です

依頼側も受注する側も常に不安が伴います。

お互いを守るためも「契約書」は必ず作成するようにしてください。

自社更新を希望される方へ

当サイトのデザインは「サイト量産ツール」にて作成しています。
ランニングコストを削減し、自社にて更新したい方向けのツールです。

携帯用サイトも作成可能です。

当社利用のサイト作成ツール

超実践型アフィリエイトサイト量産ツール「AQUAS」